南西地方のガイヤックから150kmほど、アヴェロン県にコンクの村があります。中世がそのまま残った歴史的な町並みが保存されている小さな区域で、有名な巡礼の「コンポステラの道」の順路でもあります。そんな村のはずれにパトリックの畑とカーヴがあります。
 隣村の出身でコンクの学校に通っていたパトリックですが、卒業後はパリで専門教育を受け、県(アヴェロン)の農業関係の職員をしていました。そんな中で、自分のよく知るコンクの村にフィロキセラ被害や戦争被害の影響から徐々に放置され、まるでジャングルのようになってしまっている古いぶどう畑があることを知ります。本来は中世から続いていた斜面に広がる美しいぶどう畑。この辺りは8世紀ごろにはすでにぶどう畑が存在し、栗とワインで暮らしを立てていた時代もあったといいます。そこで、以前から実際にぶどう栽培や醸造をしてみたいと思っていたパトリックは何人もの地主それぞれに交渉し、全部で6ヘクタールのジャングル!(元ぶどう畑)を手に入れます。2001年のことでした。仕事をやめ、2年かけてジャングルのようになった土地の木々を伐採し、土を耕し、土壌を調べた上で、2003年にようやく2.5ヘクタールにカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローを植えます。続いて2004年にカベルネ・フランやシュナン・ブラン、シャルドネ、シラーを植えました。
 9人兄弟のパトリックですが、それぞれに仕事を持っているため、ワイン造りを一緒にすることはできません。でも、近くに住む兄弟たちは週末に畑作業などを手伝ってくれるとか。実際、訪問した時にもお兄さんがカーヴの壁作りを手伝っていました。「畑を再生することは創造を絶する膨大な作業だったけど、天気のよい日に、ここにいると全てを忘れてしまうほど、ハッピーになるんだ。この景色を見ればわかるでしょう?ほら、こんな風にぶどうの木の下に野いちごがあったりして、こんなのをつまみながら作業をするんだよ。」シャイなパトリックは多くを語りませんが、畑仕事が大好きな様子。満足そうに野いちごをパクリと食べました。

 周りにはほとんどワイン生産者がいないため、先輩からアドバイスを受けるのも大変ですが、有機栽培にこだわって昔ながらのワイン造りを目指しています「ここから見えるあの教会は732年に建てられたものだけど、その時、ここにはもう畑があったんだ。ブルゴーニュから来た修道士がぶどうを植えたのが始まり。それを今、自分が引き継いでいることは誇りに思うよ」まだ、20年に満たない経験の中、ぶどうの苗をはじめて植えた2003年は猛暑と水不足で育ちが悪く、2005年には雹で小さな芽が傷めつけられました。資金不足で苦しんだこともありました。畑仕事に明け暮れる長い毎日が続きましたが、それらを乗り越え、ついに2006年にファーストヴィンテージをリリースしました。それからは、毎年、少しずつですがさまざまな工夫を加え、ワインの品質は素晴らしく向上しています。
 ワインを醸造するためのカーヴもワインに負担をかけないよう、ポンプを使わないで果汁をタンクに入れるシステム、つまり2階でぶどうの受け入れをし、プレス後、1階にチューブで下ろすなど、自然に醸造を行う工夫をして設計、建設しました。もちろん、天然酵母でごくナチュラルに醸造をします。仕上がったワインはどれも、きれいな目が印象的で恥ずかしがりやの癖にパッションにあふれたパトリックそっくりの、ピュアで果実味たっぷりのナチュラルな味わいです。一緒にワイン造りをするお兄さんのジョエルも静かな人。ワイン造りの他にも彼らの自慢のカーヴをひとりで建ててしまった腕利きの大工さんでもあります。

これからもっともっといろいろなワインを造りたい、あれもこれもトライしたいというパトリックとジョエル、素晴らしい土壌と環境を生かしたワイン造りの今後がますます楽しみです。